バリューチェーン

バリューチェーン(価値連鎖)とは、1985年にマイケル・ポーターが著書「競争優位の戦略」の中で提唱した一連の事業プロセスを説明する手法。

「モノの流れ」に着目し、ある製品が顧客のもとに届くまでの事業活動を主活動と支援活動に分け、それにマージン(利益)を加えて全体の付加価値を表します。

主活動とは、部品や原材料などの購買、製造、出荷物流、販売・マーケティング、アフターサービスなど。支援活動とは、主活動を支える人事や経理、技術開発などの間接部門がこれにあたります。

企業の発展やイノベーションへの応用

機能の分類において重要なのは厳密性ではなく、企業の多彩な活動に着目し、それらの役割、コスト、全体に対する貢献度を明らかにすることです。このように、ポーターは一連の事業プロセスを「バリューチェーン」というコンセプトで説明しましたが、イノベーション活動も同じように考えることができます。

ハンセンによると、イノベーション活動の場合には、「アイデアの開発」「アイデアの変換」「アイデアの普及」という3段階に分けることができます。

ヒップスタイルでは、このイノベーション・バリューチェーンに照らし、各段階で必要となる本当の課題を明らかにするとともに、必要な施策をはっきりさせることを推奨しています。

バリューチェーンを用いて分析をすることで、業務の流れを機能ごとで分類し、どの部分(機能)で付加価値が生み出されているか、競合と比較してどの部分に強み・弱みがあるかを分析し、事業戦略の有効性や改善の方向を探ることが可能となります。

HipStyle

Column
Profile

ヒップスタイルとは「新しい仕事」を「みんなで創る」オンラインメディア。
各方面の専門家や事業アイデアを「カタチ」にしたい人が集まっています!

ヒップスタイルは、事業をバックアップしてくれる専門家と、それを実行したい人に幅広く参加を呼びかけ、事業が生まれる「きっかけ」づくりを支援しています。具体的には、ビジネスパートナーと出会い機会創出と実際の事業に落とし込むための条件づくりや体制づくり。それらをメディアとリアルの出会いを通して加速させます。