マネジメント・サイクル

マネジメント・サイクルとは、目的を果たすために繰り返される経営上の基本的な管理手順。

一般的には、計画・構築する(Plan)→実施・修正する(Do)→分析・把握する(See)というPDSサイクル、もしくは計画・構築する(Plan)→実施・実行する(Do)→点検・確認する(Check)→改良・改善する(Action)のPDCAサイクルの2種類に分けられます。この概念は広く知られているものの、実務上において正しく運用できているケースは少ないのが現状です。現実のマネジメントでは、会社→部署→個人といった階層構造や、長中期→単年度→半期→月→週→日→時といった時間構造が複雑に絡み合います。

また、実務におけるPDCAサイクルでは「実施・実行」と「改良・改善」が混在したり、PDSサイクルのそれぞれに対しても「点検と確認(Check)」や「改良と改善(Action)」が必要となる場面も生じます。これらを踏まえた上で、原則的には主体者である個人(経営者)がマネジメントサイクルの実行者であることを前提とし、PDSサイクルを中心に考えた方が理解しやすくなります。

計画・構築する(Plan)とは、「やる」という意志表示をすること

具体的には、目標をたててそれを実現するための具体策を決めることです。この意志表示が不適切だと、そこから生まれる結果も不適切なものとなります。適切な意志決定をするためには、正しい判断を促す情報を集めること、そしてその情報を多様な視点から分析することが必要となります。

最近であれば、ビックデータを活用した情報データの収集と分析が盛んに行われています。データマイニング(統計的分析)やオペレーションリサーチ(応用数学的なアプローチ)、AH(自動仮説)、各種シュミレーションなどの情報システムを活用して、大量のデータを迅速に、かつ正確に分析することが可能となりました。また、グループウェアやナレッジマネジメントなどにより関係者が意見交換することも容易となりました。

そこから得られた情報に対して、「何を考え、どう動くのか」という決断を実行に移してこそ意味があります。そして、実施・修正する(Do)とは、実行そのものです。計画したことを確実にやり切る「実施」と、計画通りに進まないときの対策をとる「修正」に大別されます。

これらを確実に実践するためには、「実行」そのものに対する正確なフィードバックが求められます。計画と実績の差異を客観的に分析して、ありのままの結果を常に把握する必要があります。

つまり、分析・把握する(See)とは、ありのままの結果に対して反省し次に活かすことです。今はまだできていないことがあれば、できるようにするためにどうするのかを考えます。既にできていることがあれば、より良くできるようにするためにどうするのかを考えます。すなわち、「次はこうする」という手立てを次のプランに反映させることができて、はじめてPDSサイクルが回り始めます。

ヒップスタイルでは、企業家やイノベーション推進人材のマネジメントサイクルを一緒に組み立てる場や機会を提供しています。ビジョンや事業計画を一人で作り上げることは大変です。

理想的なビジョンや事業計画を策定しても、それが現実とあまりにもかけ離れたものであっては実現できないものです。努力すれば成果をつくりだすことができる程度の適切な目標を掲げ、それを達成したらより高い目標へと挑戦できる環境が整っていきます。一度に高いレベルの成熟度を目指すのではなく、PDSサイクルの実践を通じた改良・改善を積み重ねることが、マネジメントサイクルの考え方で最も重要な土台となります。

マネジメント・サイクルとは、目的を果たすために繰り返される経営上の基本的な管理手順。一般的には、計画・構築する(Plan)→実施・修正する(Do)→分析・把握する(See)というPDSサイクル、もしくは計画・構築する(Plan)→実施・実行する(Do)→点検・確認する(Check)→改良・改善する(Action)のPDCAサイクルの2種類に分けられます。この概念は広く知られているものの、実務上において正しく運用できているケースは少ないのが現状です。現実のマネジメントでは、会社→チーム→個人といった役割構造や、長中期→単年度→半期→月→週→日→時といった時間構造が複雑に絡み合います。また、実務におけるPDCAサイクルでは「実施・実行」と「改良・改善」が混在したり、PDSサイクルのそれぞれに対しても「点検と確認(Check)」や「改良と改善(Action)」が必要となる場面も生じます。これらを踏まえた上で、原則的には主体者である個人(経営者)がマネジメントサイクルの実行者であることを前提とし、PDSサイクルを中心に考えた方が理解しやすいです。 計画・構築する(Plan)とは、「やる」という意志表示をすることです。具体的には、目標をたててそれを実現するための具体策を決めることです。この意志表示が不適切だと、そこから生まれる結果も不適切なものとなります。適切な意志決定をするためには、正しい判断を促す情報を集めること、そしてその情報を多様な視点から分析することが必要となります。ヒップスタイルが開催するイベントでもそうですが、最近であればビックデータを活用した情報データの収集と分析なども盛んに行われています。データマイニング(統計的分析)やオペレーションリサーチ(応用数学的なアプローチ)、AH(自動仮説)、各種シュミレーションなどの情報システムを活用して、大量のデータを迅速に、かつ正確に分析することが可能となりました。また、グループウェアやナレッジマネジメントなどにより関係者が意見交換することも容易となりました。そこから得られた情報に対して、「何を考え、どう動くのか」という決断を実行に移してこそ本来の意味があります。実施・修正する(Do)とは、その実行そのものです。計画したことを確実にやり切る「実施」と、計画通りに進まないときの対策をとる「修正」に大別されます。これらを確実に実践するためには、「実行」そのものに対する正確なフィードバックが求められます。計画と実績の差異を客観的に分析して、ありのままの結果を常に把握する必要があります。つまり、分析・把握する(See)とは、ありのままの結果に対して反省し次に活かすことです。今はまだできていないことがあれば、できるようにするためにどうするのかを考えます。既にできていることがあれば、より良くできるようにするためにどうするのかを考えます。これを確実に実行するプロジェクトでは、個別の勉強会やミーティングなどを効果的に企画・実施しています。すなわち、「次はこうする」という手立てを次のプランに反映させることができて、はじめてPDSサイクルが回り始めます。 ヒップスタイルでは、このようなマネジメントサイクルを一緒に組み立てる場や機会を提供しています。ビジョンや事業計画を一人で作り上げることは大変です。理想的なビジョンや事業計画を策定しても、それが現実とあまりにもかけ離れたものであっては実現できないものです。努力すれば成果をつくりだすことができる程度の適切な目標を掲げ、それを達成したらより高い目標へと挑戦する自信と環境が整います。一度に高いレベルの成熟度を目指すのではなく、PDSサイクルの実践を通じた改良・改善を積み重ねることが、マネジメントサイクルの考え方で最も基本的で重要な土台です。

HipStyle

Column
Profile

ヒップスタイルとは「新しい仕事」を「みんなで創る」オンラインメディア。
各方面の専門家や事業アイデアを「カタチ」にしたい人が集まっています!

ヒップスタイルは、事業をバックアップしてくれる専門家と、それを実行したい人に幅広く参加を呼びかけ、事業が生まれる「きっかけ」づくりを支援しています。具体的には、ビジネスパートナーと出会い機会創出と実際の事業に落とし込むための条件づくりや体制づくり。それらをメディアとリアルの出会いを通して加速させます。