シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミー(共有経済または共同消費)とは、ヒト、モノ、カネ、時間、スペース、技術、サービスなどの交換・共有により成り立つ経済やビジネスの仕組み。

「共同所有」の概念を下地にビジネスを組み立てる

ソーシャルメディアの発達により「所有」から「共有」への志向が強まるとともに、時間と場所を越えて有形・無形のものを流通させることが可能となりました。シェアリングエコノミーに関連したビジネスとして、getaround、zipcar、scoot、airbnb、Uberなどが知られており、国内でもラスクルやタイムズカープラスなどシェアを前提としたサービスが拡がり始めています。

このように、シェアリングエコノミーは、より効率的な社会を目指すために非常に有用なサービスとして、今後もますます発展していくことが期待されています。

同時に、新しいサービスであるがゆえに、個人間取引における「信頼性の担保」や国ごとで異なる「法的規制」など様々な課題もありますが、一つ一つの課題に着実に対応していくことでより社会に適した形で普及していく可能性が高い分野のひとつです。

ヒップスタイルでも、シェアリングエコノミーを前提とし、アイデアや技術、経験、専門性などをプロジェクト単位でシェアしながらビジネスを創り出すプラットフォームを企画・運営しています。

HipStyle

Column
Profile

ヒップスタイルとは「新しい仕事」を「みんなで創る」オンラインメディア。
各方面の専門家や事業アイデアを「カタチ」にしたい人が集まっています!

ヒップスタイルは、事業をバックアップしてくれる専門家と、それを実行したい人に幅広く参加を呼びかけ、事業が生まれる「きっかけ」づくりを支援しています。具体的には、ビジネスパートナーと出会い機会創出と実際の事業に落とし込むための条件づくりや体制づくり。それらをメディアとリアルの出会いを通して加速させます。