カンボジア「伝統の森」で伝統織物を復興する!小水力発電導入プロジェクト

カンボジア「伝統の森」

このプロイェクトは、土井新悟氏を中心として行われる地域復興のためのプロジェクトだ。 プロジェクトが行われるカンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により伝統的な絹織物が失われつつあった。 カンボジアのNGO・クメール伝統織物研究所(IKTT)では復興活動を行ってきた。今回、IKTTの活動拠点である「伝統の森」にて、小水力発電導入を行い、伝統の織物の復興と次世代の担い手を育成する環境整備を行うことがこのプロジェクトの目的だ。

プロジェクトメンバー

「伝統の森」エネルギー自給プロジェクトは、多くの協力者が力を合わせて行う。 電気設備の施工管理 を行なっている土井新悟氏、海外での援助協力の専門家としてさまざまな現場に携わってきた田島誠氏、小水力発電研究・導入の専門家である岡村鉄兵氏、小水力発電を実際に集落に導入してきた経験をもつ平野彰秀氏・馨生里氏、現地「伝統の森」で暮らすIKTT代表の森本喜久男氏など、各方面の専門家が力を結集し行われる。

クメール伝統織物研究所(IKTT)と、森本氏のつくりあげたカンボジア「伝統の森」

クメール伝統織物研究所(IKTT)は、京都の友禅職人だった森本喜久男氏が1996年にカンボジアで設立した現地NGO。 そのミッションは、カンボジア内戦とその後の混乱のなかで、途絶えかけていたカンボジア伝統のすばらしい絹織物の復興を行うこと。 しかし、その道筋は容易なものではなく、困難を極めた。 織物の担い手の育成、必要な素材の生産、そして染織の経験者であるおばあちゃんたちの探索。おばあちゃんの知恵と技術を受け継ぐ場をつくることから始まった。 その過程で、森本氏は2002年に土地を取得し、織物を中心にした循環型の村づくりを始める。 村々に残る織り手のおばあちゃんや、養蚕経験のある村の人たちを説得し、ともに暮らしながら染め織りを復活させる活動を始めた。 伝統的な絹織物の素材となる養蚕に必要な桑の木を植え、自然染料となる草木の栽培を行っていくことでできたのが「伝統の森」だ。

「伝統の森」のエネルギー問題を解決するエネルギー自給

「伝統の森」では、自然循環型の村作りが行われている。人びとは野菜を育て、沼で魚を捕り、ニワトリやアヒルを飼育して生活し、牛の糞は落ち葉と一緒に堆肥にし、畑にすき込む。 飲み水は、村のあちこちに掘られた井戸から入手し、沼からくみ上げた水で畑に水遣りも行っているが、大きな課題がある。 その課題が、「伝統の森」でのエネルギー自給だ。 今回のプロジェクトで、敷地のすぐ横を流れる川の水流を利用した小水力発電を行い、エネルギー自給化を目指す。 と同時に、その際に水車でくみ上げた水を利用して「伝統の森」のあちこちにある畑への給配水を行なうことで、理想的な自然循環型の村を作ることにつながる。

この記事を編集する