まったく新しい形のウェアラブルデバイスが登場。純国産のスマートアイウェア「Telepathy Walker」

Telepathy Walker

このプロジェクトは「純日本製」のウェアラブルデバイス「Telepathy Walker」を開発するプロジェクトだ。 多くのウィアラブルデバイスが開発される現代だが、純国産のデバイスは少ない。 このプロジェクトでは、グローバルに強い基盤を持つ日本のエレクトロニクス系大手企業と開発・生産の提携を行い「純日本製」のウェアラブルデバイスを開発している。

Walkerは「楽しく、新しい世界の歩き方を提供する」スマート・アイウェア

お出かけスポット探索で楽しみの発見する「Telepathy Walker」

旅先や新しい街の散策などで、目的地に誘導してくれるスマホのナビは便利だが、行程を気にするあまり道中の楽しいスポットなどを見逃してしまうことがある。 「いつでもどこでも安全に、そして誰も体験したことが無い形で、世界を散策できるデバイスがあったらいいのに」という希望を実現するために開発したデバイスが「Telepathy Walker」。 「Telepathy Walker」は屋外利用、歩行者向けのナビゲーション、お出かけスポット探索を最大の強みとして開発されており、技術基準適合証明を取得している。

完全ハンズフリーで音声操作に対応。

「Telepathy Walker」に搭載しているナビゲーションとスポット探索アプリは、ボイスコマンド(音声操作)に対応している。 完全ハンズフリーで使用可能で、両手に荷物を持っていても、前を向いたまま安全に歩くことができる。 ナビゲーションを見ながら通話することができる「VoIP通話」の機能で、安全かつ快適な操作が特徴だ。

歩行者向けに特化した直感型ナビゲーション「ARrow Navi(アローナビ)」

既存ナビアプリの問題点は、歩行者でなく、主にドライバー向けに作られていること。 歩行者の欲しい情報は、あくまで「目の前のタイムリーな情報」であり、何十、何百メートル先の情報ではない。 「Telepathy Walker」に搭載されているアプリ「ARrow Navi(アローナビ)」は、こうした既存ナビアプリの課題を克服するためのアプリだ。 AR(拡張現実技術)と直感的なUIによって、方向音痴の方でもより自然な形で情報をインプットすることができる。

この記事を編集する