あなただけの武器をREMIX。事業アイデアを素早くカタチにするための4つの視点

sm-1.jpg

起業家が新しいビジネスを構想する前に必ずやっておきたいことのひとつが「原資の棚卸」。より確実性の高い実現可能な事業戦略を練るためには今ある状況を正しく理解し「真に戦力となるもの」だけを抽出できるかが成否の分かれ目と言えます。

ここでのポイントは「客観的な事実」のみを集めること。失敗の典型は、自分にとって有利と思えることを自分本意に理解し、事実や状況を見誤ること。このチェックポイントは特に重要なので何度も点検しておきましょう。また、時間と共に市場は刻々と変化しています。何らかのアクションを起こす前に持ち駒の市場価値を都度評価しておきたいところ。ほんの1年前は競争優位であったことが、今年は役に立たないことはよくあることです。

あなたのビジネスアイデアに確実性をもたらす要素とは?

ビジネスの成功は確実性を如何に上げて行くかがポイントとなります。はじめから大きく稼ぎぐのではなく小さく稼ぎながら、チャンスを見て大きく勝負に出るとよりリスクを抑えた取組みとなるでしょう。

環境:活動場所について

ビジネスの大小問わず人がいる以上、常に場所の悩みがつきまといます。登記場所や事務所費は、継続一定の支出となるので、自宅であれ間借りであれ、使えるものは何でも使うのが鉄則。売上の立たないうちに「あんな場所でこんな事務所に...」などつい夢がふくらみがちです。もちろん成功を具体的にイメージすることは大切ですが、収益化までの限られた時間を徹底的に顧客のために使えなければ目的や意義を見失うことになりかねません。また、起業家であれ人間です。欲望から逃れることができないもの。立派な事務所を構えると、大きなデスクやキャビネット、座り心地の良い椅子、接客の応接セットなどが必要ではないか?と、本業以外のことを考え出すものです。

店舗や倉庫、作業場や詰所などどうしても場所が必要な場合は、親戚や知人に事業について話し、余っている物件がないかなども探っても良いでしょう。もし貸し手があれば、条件をキッチリ提示したうえで覚書を取り交わすなどしっかりとした約束をしておくことが重要です。小さな約束を守ることで起業家としての信頼を育むきかっけとなります。

お金:事業に投資できるお金

ビジネスにおいてお金は王様です。手元の見える現金に留まらず、貯金や積立金、生命保険など、いざと言うときに「お金」として動かせるよう状況を確認しておきましょう。保険や定期預金であれば、解約の意思表示から現金化まで日数を要するかも知れません。時間を含めた現金化までのプロセスをしっかりと確認しておきいつでも活用できる状況は進んで作っておきましょう。保険関連は解約に際して条件設定をされていることも多く、自分がどんな保険に加入しているかなど日頃から契約に目配りをしておくとよいでしょう。

能力:市場価値のある能力

対価に見合ったサービス設計を行うために、スキルレベルも含め、市場価値に照らし合わせ客観的な評価を行っておきましょう。ポイントは実務を担えるレベルでの評価。前職や現職で培ったスキルや専門性など。ひとつひとつは平凡であってもそれらを掛け合わせること新たな市場価値を生み出すことができます。真に市場価値のある能力は本筋と別の能力が補完することが多くあるからです。例えば、飲食業のことをよく知っていて且つ、経理処理ができること。これらを掛け合わせることでその人に任せたい業務として具体的に仕事が発生します。あなただけにしかできない仕事であれば依頼は必ずあなたのもとにやってきます。

経験:あなただけの人生経験

スポーツを含む「趣味」を通した経験はあなたのビジネスを豊かにする最高の武器となります。映画・音楽・グルメ・ファッション・物品収集・スポーツなどの趣味とは心の経済活動。ビジネスに於ける費用対効果の考えかたと何ら変わることがありません。趣味を充実させるための時間の捻出からはじまり、書籍や道具など、活動を支える基盤への投資、移動のための交通費、仲間との出会いやふれあいには交際費、披露のための会場設営やユニフォーム代、何かとお金が掛かります。家族への気配りなどはまさに利害関係者との調整活動と何ら変わることがありません。

これら趣味は掛けたお金や時間に対して見合った満足を得たか?得ているか?を無意識に評価しています。すなわち趣味やスポーツは、楽しさや新しい発見の過程に投資していると言えるでしょう。起業家として本気の趣味を持つことは顧客目線を理解するうえで非常に役立ちます。

まとめ

「原資の棚卸」は常に「今」を起点に物事を判断するのが鉄則。チャンスが来たらいつでも動き出せるよう日頃から意識して備えておきましょう。

HipStyle

Column
Profile

ヒップスタイルとは「新しい仕事」を「みんなで創る」オンラインメディア。
各方面の専門家や事業アイデアを「カタチ」にしたい人が集まっています!

ヒップスタイルは、事業をバックアップしてくれる専門家と、それを実行したい人に幅広く参加を呼びかけ、事業が生まれる「きっかけ」づくりを支援しています。具体的には、ビジネスパートナーと出会い機会創出と実際の事業に落とし込むための条件づくりや体制づくり。それらをメディアとリアルの出会いを通して加速させます。